よりふさわしいことに力を注ぐための、方向転換も必要なこと。

一般的なイメージとして、「続ける」ことは望ましく、「達成する」ことは素晴らしいと受け取られることが多いです。

そのため、途中でやめることを、必要以上に否定的にとらえてしまう傾向があります。

まだゴールしていないのに、何も成していなのに、確かめてもいないのに「途中でやめてしまう」なんて、怠けのような甘さのような、そんな気がして自分を責めてしまうことが、真面目な人には多いのではないでしょうか。

確かに、事情を何も考慮せずに、行動のみをとらえるならば、そんな雰囲気がしてしまうものではあるかもしれません。

しかし、途中でやめたほうがいいのではという考えがでてくるなら、そう思うだけの理由があるのでしょうし、迷いながら続けていくよりは、方向転換をするほうがスムーズに物事が動いていくこともあるでしょう。

もちろん、「責任のあることで、やらなければならないこと」を、簡単にやめたくなったり飽きてしまったりを繰り返すのは、また別でしょうけれど、

「自分の意思で、何に力を注ぐかを選んで決められること」ならば、より適したことに力を注ぐための変更は、否定的にとらえなくてもいいことだと思います。

時間も労力も、とても貴重なものです。総合的に、かつ長い目で考えてみれば、方向転換が最善というケースもあるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加