直感力や想像力が高い人は、首が疲れやすい傾向がある。

直感や想像力が、かなり高いレベルにおいて優れている方は、「首」に負担が掛かってしまうことがあります。

直感などのスピリチュアルなセンスは、頭の周囲のオーラによく表れ、センスが優れている方は、体全体のオーラよりも、頭の周囲のオーラのほうが、さらに大きく広がっています。

そうなると、オーラ全体の重心が、平均的なあるべき位置よりも「上」にうることになります。

この一点のみとっても、バランスの取りにくさがあるのがわかると思います。

さらに、直感や想像力等を働かせると、頭の周囲のエネルギーを動かすことになりますので、その部分のオーラに活発な動きが出てくることとなり、

「サイズ的な大きさ」だけでなく「動きの大きさ」も加わることになり、支える位置である首に、エネルギーレベルでの疲弊が大きくでてしまうことがあります。

首の後ろと肩甲骨の間あたりは、エネルギーが出入りする場所とされています。 エネルギー的な動きが作られると、首の後ろも「使われる」ことになります。

肉体的にも、重い頭を支える首には負担が掛かりやすいですが、エネルギーレベルでも、大きなオーラと、その活発な動きによる負担が作られてしまうことがあり、特に筋力が弱い女性には、 そうした傾向が見られるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加