話のスタートが、「否定から」になっていないか振り返ってみる。

人と会話をするときや、相手に説明をするときに、「まず否定をしてから、本題に入る」という会話パターンになってしまう人がいます。こういう会話スタイルは、相手にあまり肯定的な印象を与えないものなので、注意することが大事です。

話している本人はもちろん悪気はなく、相手がわかりやすいようにと配慮した「詳しい説明」をしているツモリです。

ですから、人間関係にうまくいかないことがでてきても、原因がわからない、相手から好印象をもたれていないことも気づかないことが多いようです。

事実の説明のつもりが、ひと言多くなってしまう。

まず否定から入る話し方とは、たとえば「山田さんって、話し方が下手だけれども、良いところもあるよね」、「あのお店は古いけれども、内装は洒落ているね」、「最初は嫌だったけれど、慣れてきたら良さがわかってきた」というような言い方です。

そういう表現のすべてが悪いということではなくて、それが状況の描写として適切ならば問題ありません。または、たまにそういう話し方になるならそれほど気にもなりません。

ですが、毎回、会話のたびに、「まず否定パターン」が重なると、聞く側の人はとても疲れます。

聞く側からすれば、「この言い方は、ただ前置きの説明をしているのか、嫌みを含めていっているのか、どちらなのだろうか、どんな切り返しや返答をすればいいか」と考えなければならなくなるのは負担があります。

また、「否定というエネルギーは重い」ので、その重さを相手に感じさせることにもなります。

話す側としては、事実をそのとおり言っているのだし、という思いもあり、また、その後の内容でちゃんとフォローになっていると思っているので、あまり気にしていないことが多いです。先にも書いたように、事実そのとおりの説明を、たまたまするだけならば問題はありません。

ですが、しょっちゅう「このパターンばかり」になると、相手が疲れてしまい、人間関係はスムーズにいきにくくなります。

こういうことは、観察力に優れていて説明が上手な人が、ついやってしまう「過剰さ」なのです。理路整然とわかりやすく話そうとして、事実の描写を増やすことが、こういうやりとりになって、配慮のつもりが逆になって誤解されてしまうことも、多いようです。

無意識に、そういう言い方が習慣になっていないか、ときどき振り返ってみることが大切ですね。否定の部分は、事実であっても、言わなくてもいいし、言わないほうがスムーズな場合もあるという受け止め方をしていくといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加