先取りで、体感覚や感情をキャッチしてしまうセンス。

人は皆、霊的な存在であるため、誰もが、広い意味での霊感を備えています。そのあらわれ方はいろいろありますが、一般によく知られている形として、「見える(霊視)」「聞こえる(霊聴)」「感じる(身体感覚)」「わかる(直感)」などがあります。

このうち「感じる」力が優れている方の中には、未来の(自分が抱くであろう)感情や感覚を先取りして体感してしまう、というセンスを持っている方がいます。

「感じる」というセンスの一形態として。

本来ならば、できごとに対して抱くであろう、感情や身体感覚を、実際のできごとが起こるより先に、そちらだけをキャッチしてしまうのです。

たとえば、とてもワクワクするような気持ちが、唐突にわいてきます。

しかし、その時点では特に思い当たる要素はなく、それから数日~数週間経ってから、ワクワクするような出来事が起こるというように、自分の感情が(出来事の展開よりも)先に伝わってきます。

または、とても心が落ち着かなくてザワザワしたり、ゾクゾクしたりします。

しかしその時点では思い当たることはなく、しばらく経ってから「地震」や「突風」などの自然現象が起こって、「ああ、あのザワザワ&ゾクゾクはこの件だったか」というように、未来に起こる出来事の体感が先に伝わってくることもあります。

地震が起こる少し前に、揺れに酔うような体感を覚えて具合が悪くなったり、天気が変わるかなり前に耳鳴りがして、気圧の変化をキャッチするというケースもあります。

こういう現象はどれも、体感覚による把握が優れている人に起こりやすいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加