完璧主義な人は、準備を頑張りすぎて動き出せないことがあります。

高いレベルを自分にも周囲にも求めてしまう、完璧主義の人は、きちんと準備ができてから動きだそうするためか、「なかなかスタートできない」ケースが多いです。

きちんとやりたい、という気持ちが大きいので、今のままでは準備不足と思ってしまい、「今より○○になってからやろう」、「○○ができたら、その後にスタートしよう」と、プロセスをたくさん作ってしまいます。

理想が高いために、今の状態を十分と思えず、もっとすごい自分になって、もっとちゃんと状況が整ってからという、達成がとても難しい条件をたくさんつけてしまいます。

常に、高い理想を掲げる姿勢はとても素晴らしいけれど、行き過ぎた完璧主義・完全主義は、行動力を奪うこともあります。

そのため、成長しよう、変わろうとする意欲が大きいのに、そのための行動をスタートさせられないという、矛盾したことが起こってしまいます。

やるならちゃんとやりたいという、その気持ちはわかります。スタートの時点から、ちゃんと整ったものを積み上げていけるならそれは理想的であり、きちんとしているほうが、動きが捗っていくようにも思えます。

けれど、実際のものごとの展開というのは、頭の中で考えているとおりにはいかず、想定外のことがいくらでも起こります。どれだけしっかり準備と計画をしても、やってみてわかること、やってみて決まってくることはたくさんあり、それらのすべてを前もって把握することはできません。

ですから、ある程度のところでわりきって、理想通りの準備となっていなくても、スタートすることを優先させたほうがいい場合もあります。

もちろん、ケースバイケースですから、丁寧さも慎重さも大切であり、完璧主義であることが、いい意味でのブレーキとなってバランスがとられることも多いです。

しかし、「動き出す」ことに限定するなら、高いレベルにいかないとスタートできない、と考えがちなこのタイプは、そうして自分を追い込むほどに頑張るわりには、自分自身が、停滞を作り出してしまう場合もあるということです。

真面目な人ほど、このパターンに陥りがちなので、行動を前提に、思考をするという習慣をつけていくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加