それは、行動の量が十分でないためかもしれない。

思うという行為も、エネルギーとしての作用があることは、スピリチュアルに関心をもっている方には、よく知られている知識であると思います。

ときどき、「いつも自分は否定的なことばかり考えてしまうので、この思考が自分の人生をうまくいかないようにしてしまうのでは」と、過剰に心配している方がいますが、結論からいうと、そんなに心配しなくても問題ないです。

なぜなら、思うことにも作用はあるとはいえ、思いの力「だけ」で、そんなにびっくりするような大きなことが展開するということではないからです。

物質次元では、行動の作用が大きいもの。

この世という物質社会においては、やはり、身体を使った行動や発言による作用がもっとも作用が大きくなります。

頭の中で、否定的なことを考えてしまって、否定的な思考エネルギーを放ったとしても、そのことだけで、自分によくないことが降りかかるとか、引き寄せられるということは考えにくいです。

この世においては、物理的な行動によるエネルギーの作用は大きいです。

思いのエネルギーよりも、行動のエネルギーのほうが、「現実という物質次元に近い波長」をもっていますから、そちらを優先させるような比率にもっていけばいいことですね。

肯定的な行動のエネルギーによって、否定的な思いのエネルギーを中和したり、弱めたりすることもできます

それ単体でとらえるのではなく、全体の兼ね合いとして、バランスを考えていくといいです。

放った思いを凌駕するくらいの、行動をとっていけばいい。

「でも、実際に、否定的な思考をしてしまって、否定的な事柄ばかりふりかかってくる」というケースがあるとしたら、その理由は、「否定的な思考をしているため」ではなく、「行動がたりないため」ではないでしょうか。

もしも、うまくいかなかったら・・・と心配しすぎるあまり、行動に移すことができないとか、不安要素を除いて安全だとわかってから動き出したいと慎重になって、やはり行動していないためだと思われます。

思考をすることに、自分の気力というエネルギーを使いすぎて、行動のほうにそれがまわっていかないので行動する気になれず、やはり行動ができてない、というケースもあるかもしれません。

行動のボリュームがたりていないために、全体のバランスがとらえていないためだと思います。中和したり、勝ったりする力が、行動にはありますから、そちらを揃えていくとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加