女性のオーラは、細かい質感で、違和感で把握するセンスが高い。

男性のオーラと、女性のオーラを比較すると、女性のほうが、質感が細かいオーラをしている方が多いようです。もちろん個人差はあるのですべてに該当するわけではないですが、性別による比率、傾向というのはみられます。

オーラは、エネルギーなどをキャッチして受けとめていく、受信機のような役割も果たしますので、質感が細かいオーラをしている人のほうが、より多くの要素や情報をキャッチすることができます。

その様子は、網目の細かいネットと、粗いネットで、どちらがより多くのものをキャッチするかの違いのようなものですね。

女性は、勘が鋭いのは、オーラ的にも言えること。

より細かい網目でキャッチしているのは、平均して女性ですから、敏感に、目に見えない雰囲気などを感じ取るケースも少なくないので、「女性は、カンが鋭い」などと、言われるのではないかと思います。

「女性は、男性の嘘を見抜く」とも、よく言われますが、それも、性別によるオーラの質感の違いを考慮すれば、ありうることと思います。

これは、男性女性を問わずですが、本音とあまりに違う発言をして、相手に合わせているときなどで、なおかつ、本人的にその発言に違和感を覚えている(本当は言いたくはない等)ときは、オーラが、一瞬、ゆがむような動きを見せることがあります。

人との交流は、オーラの交流でもあり、近い距離にいれば、お互いのオーラは重なり合いますから、重なった状態で、相手のオーラが、いつもと違う動き(ゆがむ)をしていれば、網目が細かくてキャッチのいいオーラの人は、何かが違うと違和感をおぼえて、気づくことがあるのかと思います。

しかし、違和感があると感じるのは、気のせいだったり、相手ではなく、自分のオーラのコンディションが悪いことからの投影だったりすることもよくあるので・・・、そこは、割り引いて受け止めることも必要です。

男性は、理性が強いためにそれらを割り引いてとらえたり、あまり重要視しなかったりして、そういう意味では、バランスがよいのですが、女性の場合は、わかる、気づくというセンスも高いかわりに、理性での判断があまり得意ではなく、感じたことが事実そのままだと疑いなく認識して、曲解してしまうケースもあるので、そこは冷静になることも大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加