過去の、「してしまった行為」の作用を、消すことはできるのか。

過去の未熟な自分が「やらかしてしまったこと」は、多々あるものです。少し時間がたって、成長した今になってみると、幼い自分の行為を反省していて、その行為によって作られたであろう、「カルマ」を取り消すことはできないものだろうか、というご質問をいただくことがあります。

これは多くの方が気になる点かもしれませんので、しくみを書いておきます。

基本的に、一度作られたエネルギーを、「消す」ということはできません。エネルギーはそのままいつまでも在り続けます。けれど、作用の「釣り合いをとる」ことや、「効力を弱くする」ことなら、その後の自分の行いしだいで可能となります。

ですから「どうぞ、あまり心配しないでください」、と、そうしたこと気になさっている方には申しあげたいです。

別の行為で、釣り合いをとればいい。

釣り合いをとる、というのは、そのマイナスの穴埋めをするということです。

たとえばスポーツの試合で、相手に10点取られた(自分が10点を献上してしまった)という、過去の事実は変えられなくても、そこから自分も10点取っていけば、相手の優位性がなくなります。

スコアは10対10となって、競うという意味では振り出しにもどったという表現がつかわれるけれど、お互いに10点ずつとったという事実はそのまま残りますよね。穴埋めをして、釣り合いをとるというのは、それと似ています。

放ったエネルギーは、消えることはないのですが、そうして別の行為でバランスをとることになっていますし、意図してそうすることもできますから、あまり心配しなくても、その後の心掛けで十分に追いつけます。

そして、人間は誰もが未熟なのだから、そうした「やらかし」は想定内です。そのために、時間というしくみがこの世にはあって、後から気づくという機会を与えられて、挽回のチャンスも同時に与えられていることになります。

過去の「それ」に、エネルギーを注ぎ続けない。

効力を弱くするというのは、エネルギーとして作り出されたそれを、活性化し続けるようなことをやめる、ということです。「放った行為や思いを、その後も重ね続けて、エネルギーを注ぐようなこと」をしなければいいのです。

たとえば、誰かを妬んだり恨んだりする気持ちを抱いたとして、その後も同様の思いを延々と放ってしまうと、常にその感情を、自分が、エネルギーを注ぎ続けることで、アクティブにしていることになります。

大きな感情を切り換えることは難しいですが、思いのエネルギーをそこに重ねていかないようにすれば、(放った感情のエネルギーは在り続けるので、消えることにはなりませんが)ほぼ効力を無くすくらいにまでに、作用を弱めることは可能です。

誰もが、日々、たくさんの思いを放っていきます。特定のそれに意識を向けなければ、他の思いが放たれることで、それの比率はどんどん下がっていくこととなります。

生きている以上、誰もが、意識的であれ無意識であれ、いろいろやらかしてしまうのが、未熟な部分をもっている私たち人間です。

けれど、私たちには、未熟な部分ばかりではなく、素晴らしい部分もたくさんあって、そうした素晴らしいエネルギーを放つ行為も、たくさん重ねていて、自然とバランスがとられていることも多いものです。

ですから、過去のたったひとつの行為への罪悪感で怯えるようなことはやめて、取り返すような生き方をしていき、未来に目をむけていくようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加