周囲で、古さを感じさせるものがあれば「新しさを、少し」加えてみる。

この世には、時間という変化のしくみがありますから、どんな素晴らしいものも、時間とともに必ず古くなります。

古くなると、新鮮さがなくなるというのと、時代と合わなくなっていく部分がうまれます。

素晴らしさを、状況に合わせて変えていくことや、維持していくという努力が必要になります。そのまま何もしないでいては、維持ができません。時間という流れの中では、保っていくことの何らかの力が必要になるのです。

これは、自分自身の姿勢や立場についても、自分が関わっているものごとについても言えることです。

置かれている状況や、必要とされていること、求められていることをふまえて、何らかの変化を加えていくほうがいいですね。

そうかといって、何もかもをリセットして、根本から変えてしまうのは得策ではないです。

ゼロからのスタートになると、それだけ時間も掛かりますから、やっと築きあげたときにはまた、その時点での新しさを加えなければならず・・・と、キリがないからです。

今あるものをいかして、新しさをプラスしていくことが、大人にとってのベターな選択ではないでしょうか。

まったくの新しいことに価値があるように思えて、別のことをスタートさせたくなることもあるけれど、行動に取り掛かる前にちょっと冷静になって、今ある「それ」の価値を考えてみてください。

古いことと、価値がないことはイコールではありません。以前よりは、時代と合わない部分があるとしても、十分な素晴らしさや、馴染んでいる優位性や、たくさんの「いいところ」があるはずです(慣れているから、そのことに気づいていないだけです)。

もしも、周囲を見渡して、古さを感じさせるものが見つかったら、まずはそれをいかす前提で、「少し、新しく」という意識になってみるといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加