新しいチャレンジを安心して行うために、既存の事柄に力をいれる。

「経験済みのことを、再びする」のと、「まったくの新しいことを、はじめる」のを比較すれば、前者のほうが、スムーズに運んでいける可能性が高くなります。

経験済みのことなら、準備が最小限になり、手順も頭に入っていて、どこに力を入れるとよく、どこを省くことができるかもわかっていますからね。既に知っているというアドバンテージは大きいです。

しかし人は、ときに「新しいことにチャレンジしたくなる」ものです。

知っていることのほうがうまくいく確率が高いとわかっていても、現状に不満はなくても、それでも、新しいことをしたくなるのは、人の心の中には「前進したい」という思いが刻まれているためなのかもしれません。

(実際には、同じことを続けることも、知っていることを再度行うことも、前進しているのですけれどね。しかし、新しいことは「わかりやすい」ので、そちらに意識が向くのでしょう)

安心して、チャレンジできる状況をつくるには。

新しいことは、刺激も期待もあるけれど、その分、どうなるかわからないというリスクがついてまわります。経験済みのことに比べて、準備が多くなりますし、手順は一から身につけていかなければならず、どこが力を入れるポイントでどこがそうでないかもわかりませんから、回り道になることもあります。

それでも、人は新しいことをやりたくなりますし、また、自分の思いとは別に、新しいことをやるしかない状況に置かれることもあるものです。新しい道という学びに、押し出されていくことも、人生においては多々あります。

そういうときのスタートを、少しでも有利にしていくためには、「経験済みのことがうまくまわってき、相応の成果に繋がる仕組み作っておくこと」や、「経験済みのことから、自分の成功パターンをつかんでおくこと」です。

そうすれば、新しいことに付随するリスクを吸収できます。そうした備えは、安心になります。安心がある環境で新しいチャレンジができたら、それが一番いいですよね。

仮に軌道にのるまでに手間取っても、その期間を耐えうる別口があれば、現実的にも精神的にも少しは余裕ができますよね。これがあるとないとではかなり違ってきます。

新しいチャレンジの不安を軽減するためには、経験済みのことや既存のこと、今やっていることについての工夫やブラッシュアップはとても大切で効果的なよい方法となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加