否定的な感情も、その「強さ」が、自分を支えてくれることもある。

感情はどれも「不必要な感情というものはない」です。すべてが「必要」・・・とまではいわないにしても、不必要とか無駄ということはないです。

怒りや妬みなどの否定的な感情は、抱かないほうがいいものと解釈されるけれど、そういう感情を一時的に持ったことが、自分の「支え」となることもあるものです。

たとえば、上司の理不尽さに怒りでいっぱいになったが、そこで開き直った仕事ができたので、取引先とのハードな交渉を乗り切って成果を作ったとか、

ひどい扱いを受けて、このままで終わってたまるかと、相手への怒りが原動力となって、成績がのびてきて、以前よりも扱いがよくなって、自分の手腕がみとめられるようになったとか、

そういう経験は、人生をとおして、いくつも存在することと思います。

過去を振り返って、「その感情なしでは(そのときは)いられなかった」と思えるならば、それは、自分にとって、必要であり意味があったことになりますよね、少なくともその時点においては。

それをそのまま、認めて受けとめたらいいと思うのです。否定的な感情を支えにしないといられなかった部分も含めて自分自身なのですから。

といっても、どんな感情を抱いても問題ないということではないです。限られたエネルギーを何に注ぐがという配分は考えなければなりませんし、否定的な感情にばかりエネルギーを使ってしまえば、その他にいくべきエネルギーが巡らなくなってしまいます。そういうこととはわけてとらえてくだださい。

必要とか不必要とか、良いとか悪いとかの○×のような定義は簡単につけられず、状況によって解釈の仕方がかわってくるということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加