調整を繰り返して、うまくいく「ようにする」という姿勢で。

どんなことも、いきなりうまくいく・・・などということは、まずないです。スタートまでに準備が必要だったり、スタートしてからも予想外のことがたくさんでてきたり、ゴールまでに思っている以上に時間が掛かったりします。

どのような場合でも、スタートしてからゴールまでの間には、「いろいろ」が発生します。行動を積み重ね、改善や調整を繰り返していくことになります。

うまくいかないことが山ほどもあっても(というは、最初は皆そうなります。いきなりうまくいくことはまずないですから)、

それでも頑張って続けていれば、だんだんと、こうすればいいんだ、こうやればいい、という規則性みたいなものが少し、わかってくるようになります。

その「少し」を増やしたり、繰り返して重ねたりして、うまくいく「ようになる」んですよね。そのためには、ある程度の「期間」「時間」が必要となります。

経験を重ねるための、期間と時間が必要。

思考はどんどん変えていき、進めていくことができても、現実のものごとは、行動をしないと動きませんし、その反応や結果がでるまで待つことも必要となり、それは、思考と同じスピードでは進まずに、現実的な時間がかかります。

経験が長くなっていけば、うまくいかないもの避けるという判断ができるようになります。

自分は、どうやら、こういう方向ではうまくいきやすいようだとわかれば、それを優先して選ぶことができます。何もかもを思い通りには選べなくても、複数の項目のうちの幾つかでも、そうした視点で選ぶことができれば、その後に、自分を前に運んでいくことが楽になると思います。

そうしたパターンや、コツをつかむには、ある程度の時間を掛けた経験が必要です。その中で、これがいいとか違うとか、ここを変えたらどうなるかなとか、そうした調整やアレンジを繰り返していき、うまくいくように「していく」姿勢が大事なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加