直感や、体感覚を伸ばすには、不要なノイズとなるものを除く。

たとえば、オーラなどのスピリチュアルなエネルギーを、体感として感じるようになりたいとか、ひらめきやアイデア、直感がもっと冴えるようにしたいという場合、取り組みの方法として、まず意識すべきところは、「不要なものを省くこと」です。そうしてスッキリさせることは、余計なノイズを減らすことになるからです。

不要なものを省いてから、新しいものを加える。

こういう場合の考え方として、何かを新たに加えることで、力を付けたり伸ばしたりすることに繋げようとしてしまいますが、その前に、不要なものを除くことのほうが効果的なのです。

そのほうが、備わっているものの発揮を妨げるものをなくして、スムーズな状態を作っておくこととなり、伸びが際だっていくからです。

その人にとっての不要なものは、いろいろ考えられます。

たとえば、形のある「物」の場合もあるでしょう。自分が長時間過ごす場所は、すっきりさせておくほうが望ましいです。

形のないものとしては、たとえば、なんとなく続けているだけの目的のない習慣や、既に今は使わない情報、このようにすべき、せねばならない、という思い込みなどもあるかもしれません。

そうしたものが、自分のフィールド内にあると、すべてにエネルギーがありますから、方向性のそろわないいろんなエネルギーが入り乱れて、微細な感覚のキャッチをわかりにくくする、ノイズになってしまうこともあるのです。

まずは不要なものを整理して、すっきりさせてみてください。その作業が進むほどに、「次に何をしたらいいのか」や、「新たに何を加えたら効果的なのか」が、わかってくるようになるでしょう。それも、不要なものが除かれることで、伝達がスムーズになるという「冴え」によるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加