「 カルマの法則 」一覧

過去の、「してしまった行為」の作用を、消すことはできるのか。

過去の、「してしまった行為」の作用を、消すことはできるのか。

過去の未熟な自分が「やらかしてしまったこと」は、多々あるものです。少し時間がたって、成長した今になってみると、幼い自分の行為を反省していて、その行為によって作られたであろう、「カルマ」を取り消すことはできないものだろうか、というご質問をいただくことがあります。 こ...

相手にしてあげたことは、別の人を介して戻ってくる場合も多々ある。

相手にしてあげたことは、別の人を介して戻ってくる場合も多々ある。

この世におけるスピリチュアルなしくみとして、自分がしたことは自分に返ってくる、自分のまいた種が自分の行く道に実るという、いわゆる「カルマの法則」があります。 そのしくみによって、この世のものごとは展開していきますので、自分だけが一方的にしてあげるばかりになることも...

自分が、種をまいたことを、刈り取る姿勢になっているか。

自分が、種をまいたことを、刈り取る姿勢になっているか。

スピリチュアルなしくみとして、自分がしたことが自分に返る、自分がしたことは種まきとなって、自分のフィールドに実っていくという「カルマの法則」があります。 その法則によって、この世のものごとは展開していきますから、人のためにした行いもすべて、いつかは何かの形で、自分...

カルマとは、悪いことだけに該当するものではありません。

カルマとは、悪いことだけに該当するものではありません。

カルマの法則とは、原因と結果が結びつくしくみのことです。 何かの行いが種となり、種が実っていくように、結果が作り出されていくというしくみが、この世には存在します。 何の原因もなく、いきなり結果が出現することはなく、原因があるからこそ結果が作られます。...

スピリチュアリズムを理解するためには、まずは「カルマの法則」。

スピリチュアリズムを理解するためには、まずは「カルマの法則」。

スピリチュアリズムを理解して、日々の生活にいかしていこうとするならば、基本原則である「カルマの法則」を理解することがとても大切です。 基本があってこそ、関連するすべての理解が深まる。 スピリチュアルな事柄に関心をもつ方の多くは、たとえば前世やオーラ、未来を予...

人のための行動もすべて、自分に返ってくるしくみになっている。

人のための行動もすべて、自分に返ってくるしくみになっている。

相手のために、一生懸命に尽くしている自分の労力が、正当に評価されず、とても軽く扱われてしまったり、そうするのが当然とでも言わんばかりの態度をされてしまうことがあっても、 「相手が、理解しなかった」というだけであり、「あなたが行った行為は、あなたのたましいにしっかり...

カルマの法則とは、原因と結果が結びつく「しくみ」のことです。

カルマの法則とは、原因と結果が結びつく「しくみ」のことです。

「原因があって、結果がでる」「自分がしたことが、自分に返ることになる」という、この世のしくみを「カルマの法則」といいます。正しく理解するのはとても難しいのですが、これはスピリチュアリズムを理解する上での基本原則です。 カルマとは「行い」のこと。 「カルマ」と...

カルマには、重ねた「行為のすべて」が該当します。

カルマには、重ねた「行為のすべて」が該当します。

ときどき、「こんな出来事がありました。これは、私のカルマによって起こったのでしょうか?」とか、「これは、過去のカルマが返ってきたのでしょうか?」というご質問をいただくことがあります。 スピリチュアルな考え方として、起こった出来事からの学びを知る、という分析の視点は...

まいた種が、実るまでには「時間」の経過が必要です。

まいた種が、実るまでには「時間」の経過が必要です。

カルマの法則とは、スピリチュアリズムの大原則ともいえる、「原因と結果が、結びつくしくみ」のことです。 自分がまいた種が、何らかの形で、自分のゆく道に実るという、このしくみがあるからこそ、この世という「自分以外にもたくさんの人がいる場所」で、「自分に必要な学びを経験...