「 守護霊 」一覧

守護霊や先祖霊がいる場所は、常に、「向こうの世界」です。

守護霊や先祖霊がいる場所は、常に、「向こうの世界」です。

自分と「たましいの繋がり」がある守護霊という存在や、自分と「今世での血縁の繋がり」がある先祖霊は、広い意味で、自分のことを見守ってくれています。 こちらの世界からは、向こうの世界のことはわかりませんが、向こうからはこちらの世界のことがとてもよくわかるようです。向こ...

「守護霊の総数」は、把握できません。「たくさん」いらっしゃいます。

「守護霊の総数」は、把握できません。「たくさん」いらっしゃいます。

「自分には、守護霊が何人くらいいるのですか?」と、セッションの中で、ときどき聞かれることがあるのですが、この質問には明確な答えがありません。 そのセッション中に、でてきている方が何人か、というのなら答えられます。 しかし、それは「その人の守護霊の総数」とはま...

守護霊が、日本人ではない場合もたくさんあります。

守護霊が、日本人ではない場合もたくさんあります。

人は、何度も生まれ変わってたましいの学びを続けていて、その学びを、たましいの繋がりをもつ高位の霊=守護霊という存在が導いています。 先祖霊は血縁という繋がりなので、自分が日本人であれば(多くのケースで)先祖霊も日本人ですよね。 守護霊は、たましいの繋がりなの...

先祖霊は、血縁の繋がり。守護霊は、たましいの繋がり。

先祖霊は、血縁の繋がり。守護霊は、たましいの繋がり。

私たちのこの世での学びを、見守り導いているスピリットを守護霊といいます。 「守護霊」という言葉の意味は、その発言者がどういう意味として使っているかによって多少の差がありますが、 狭義のスピリチュアリズムでいえば「守護霊」と「先祖霊」は別としてとらえることが多...

守護霊の容姿と、ご本人の容姿が、似ているケースもあります。

守護霊の容姿と、ご本人の容姿が、似ているケースもあります。

守護霊という、私たちを導いてくれる役割のスピリットがいます。守護霊は、(血縁の関係である)先祖霊とは別ですので、日本人のスピリットとは限らず、外国人のスピリットである場合もよくあります。 雰囲気も容姿も、共通しているものが見られます。 日本人のご依頼者さんの...

この世での学びを助け、導くのが守護霊の役割です。

この世での学びを助け、導くのが守護霊の役割です。

私たち人間は、身体という物質をもった霊的存在であり、この世という学びの場所においても、霊的な要素とあらゆる意味で深く関わりながら過ごしています。 守護霊という、見守り役の霊との関係も、そのうちのひとつといえます。 たましいの親和性がある、「広い意味で言え...

守護霊からの助言的な伝達は、必要なことのみ得られるもの。

守護霊からの助言的な伝達は、必要なことのみ得られるもの。

私たちには皆、守護霊という、この世での経験を見守り導く霊的な存在がついています。けれど、守護霊の役割とは、指導することですので、聞きたいことにすべて答えてくれることはないし、魔法使いのように願いを叶えてくれるような存在でもありません。 必要に応じて、導きを...