「 霊感、直感、霊能力 」一覧

霊視能力があっても、すべての霊が見えるわけではない。

霊視能力があっても、すべての霊が見えるわけではない。

本来は、見えるはずのないものが見えることや、霊の姿を視覚的にとらえることを、霊視といいます。たとえばオーラが見えることや、前世が見えること、未来の可能性が見えることなども、霊視能力のバリエーションと位置づけることが多いようです。 文字的な意味としては、「霊視とは、...

声にも、名前にも、「波長」という霊的な振動がある。

声にも、名前にも、「波長」という霊的な振動がある。

リーディングセッションの中で、人間関係が相談事項の場合、「相手の方は、こういう性格の方ではないでしょうか」と、霊能で把握したことをお伝えすると、 「えっ、まるで相手の方に会ったことがあるかのように、性格がわかるのですね」とか、「おっしゃるとおりの行動パターンの方で...

「思いのエネルギーを放つ強さ(念力の強さ)」と「思考力の高さ」との違い。

「思いのエネルギーを放つ強さ(念力の強さ)」と「思考力の高さ」との違い。

頭の中や心の中で「思う」ことも、「発言」や「行動」と同じように、エネルギーとして放たれて作用していくことは、スピリチュアリズムに関心をお持ちの方はご存じの知識だと思います。 そうした「思うという行為から放たれるエネルギー」が、平均より強い人がいます。「念力が強い」...

誰かのひと言が、はっとする気づきになるとき。

誰かのひと言が、はっとする気づきになるとき。

周囲にいる誰かが発した何気ないひと言が、ちょうど、そのとき自分が迷っていることのヒントになったり、はっとするような大きな気づきになったりすることがあるものです。 こういうことは不思議と、「なぜかその人の声のみが、際だって大きく聞こえる」などして、印象に残るようにな...

必要な時期よりも早く、買いたくなるのは、予知的なセンスの高さのため。

必要な時期よりも早く、買いたくなるのは、予知的なセンスの高さのため。

「ある商品を買おうとしてお店にいくと、売り切れている」か、「その店舗では取り扱いがない」という状況にあいやすい人がいます。 別のパターンとして、「ほしいと思って買ってみたものの、使う機会が出てこないため他者に譲ったところ、しばらく経ってからそれが必要になる」という...

カメラが、自分に合うものを教えてくれることがあります。

カメラが、自分に合うものを教えてくれることがあります。

写真をとると、いわゆる心霊写真などというものが撮影されてしまう(笑)ことからわかるように、実は、カメラという道具は、スピリチュアルなエネルギーと馴染みやすい道具のひとつです。 その特性をいかして、写真のうつり具合(うつり方の良さ)によって、自分に合う事柄を判断する...

霊的なエネルギーに触れると、唐突に眠くなることがある。

霊的なエネルギーに触れると、唐突に眠くなることがある。

眠るという行為は、スピリチュアルな意味をもちます。寝ている間は、身体も活動を最小限にして休まっていますが、同時に、たましいも、身体から抜けて、霊界のほうへ戻っているとされています。 つまり、起きている間は、現実的な意識が優先しており、眠っている間は、霊的な意識が優...

思う力が強いと、影響力が強くなり、ものごとを起こす力として作用する。

思う力が強いと、影響力が強くなり、ものごとを起こす力として作用する。

「思う力が強い人」がいます。これは、「思考が得意な人」とは違います。「思うときに放たれるエネルギーが、強い」ということです。念力が強い人、という言い方もできます。 外に放つ力が強いので、人やものごとに対して、働きかけを(能動的に)することが上手です。または、影響力...

直感や、体感覚を伸ばすには、不要なノイズとなるものを除く。

直感や、体感覚を伸ばすには、不要なノイズとなるものを除く。

たとえば、オーラなどのスピリチュアルなエネルギーを、体感として感じるようになりたいとか、ひらめきやアイデア、直感がもっと冴えるようにしたいという場合、取り組みの方法として、まず意識すべきところは、「不要なものを省くこと」です。そうしてスッキリさせることは、余計なノイズを...

周囲の「勘が良い人」や「霊感が強い人」のひと言が、ヒントになることも。

周囲の「勘が良い人」や「霊感が強い人」のひと言が、ヒントになることも。

周囲にいる「霊感の強い人」や「勘が優れている人」が何気なく発したひと言が、そのときに抱えている悩みを解決するための気づきになったり、間接的な助言になっていたりして、役立つことがわりとよくあるものです。 そうした感性が優れている人は、自然に「アンテナ」となって「受信...

先取りで、体感覚や感情をキャッチしてしまうセンス。

先取りで、体感覚や感情をキャッチしてしまうセンス。

人は皆、霊的な存在であるため、誰もが、広い意味での霊感を備えています。そのあらわれ方はいろいろありますが、一般によく知られている形として、「見える(霊視)」「聞こえる(霊聴)」「感じる(身体感覚)」「わかる(直感)」などがあります。 このうち「感じる」力が優れてい...

朝のひらめきと、夜のひらめきの、性質の差。

朝のひらめきと、夜のひらめきの、性質の差。

直感とかひらめきといわれる現象は、スピリチュアルなセンスが実は関連しています。 人という存在は、肉体を伴っている霊的存在ですので、誰もが(広い意味での)霊感をもっていて、直感という形で発揮されることが多々あります。 一般的な傾向として、直感やひらめきが「冴え...