「 オーラ 」一覧

オーラが大きい人は、ときどき情報から離れてみる。

オーラが大きい人は、ときどき情報から離れてみる。

オーラとは、自分自身があらわれているエネルギーであり、そして同時に、自分からエネルギーを発したり、自分がエネルギーを受けたりという、送受信器としての働きも持ちます。 自分の外側のことをキャッチする受信器になりますから、オーラが大きい人ほど、エネルギーを受けとめる働...

オーラの色があらわすこと、オーラの明るさがあらわすことの差。

オーラの色があらわすこと、オーラの明るさがあらわすことの差。

皆さんすでにご存じのとおり、オーラには色があります。しかし、オーラの色とは、形のある物質に色がついているのとは違い、その人の備えている性質が放っているエネルギーの色となります。 オーラ透視者が「あなたのオーラの色は・・・」という言い方をするとしたら、頭の上...

女性のオーラは、細かい質感で、違和感で把握するセンスが高い。

女性のオーラは、細かい質感で、違和感で把握するセンスが高い。

男性のオーラと、女性のオーラを比較すると、女性のほうが、質感が細かいオーラをしている方が多いようです。もちろん個人差はあるのですべてに該当するわけではないですが、性別による比率、傾向というのはみられます。 オーラは、エネルギーなどをキャッチして受けとめていく、受信...

オーラが繊細な人は、大勢の中にいると「人に酔う」現象がおこりやすい。

オーラが繊細な人は、大勢の中にいると「人に酔う」現象がおこりやすい。

オーラの質感が,平均よりも繊細で敏感な性質の方は、キャッチする力が大きいため、人と接する疲労感も大きくでてしまう場合があります。 大勢の人が集まっている場所にいくと、渦巻いているエネルギーに揺り動かされるような感覚になって、「人に酔う」という現象もおこりやすいです...

色が濃いオーラの人は、頑張り過ぎ、やり過ぎにならないように。

色が濃いオーラの人は、頑張り過ぎ、やり過ぎにならないように。

色が濃いオーラの人は、外に向けて主張することが得意だったり好きだったりという、能動的な性質をしていることが多いため、 ときどき、その勢いにのって「やり過ぎ」になってしまうことがあります。 得意なことは簡単にできてしまうので、ときにそういうことが起こり...

情に厚い人のオーラは、しっとり感があります。

情に厚い人のオーラは、しっとり感があります。

オーラにはその人が備えている性質や性格などが、色や、色以外の特徴としてあらわれていくものです。 情に厚い人は、オーラのきめ細かさや質感が独特で、水分を含んでいるかのように「しっとり」として感じられることがあります。 安心を与えるオーラです。 感じられる...

人が放つエネルギー(オーラ)は、物へ付着する。

人が放つエネルギー(オーラ)は、物へ付着する。

人が放つエネルギー(オーラ)は、その人が関わりをもった人や、触れたものへ移っていくことがあります。たとえば絵の具を塗った手で、人や物と関わると色が移っていくようなイメージですね。といっても、それは永続的なものではなく、一時的なものとなります。 その件との関わりが薄...

黄緑のオーラ。

黄緑のオーラ。

黄緑のオーラは、緑のオーラが示す、やさしさや平和を愛する気持ちと、黄色のオーラが示す、ユーモアのある雰囲気を併せ持った性質としてあらわれる色です。 誰にでも、笑顔を向けるような気遣いがあり、まわりの人に居心地の良さを感じさせることができます。素直な性格で、競争や勝負などからは遠ざかって自分のペースで進みたい人です。

黄色のオーラ。

黄色のオーラ。

安定している状態に意義を見いだせず、自分からハプニングを作り出したり(無意識にそうしてしまう)、積み上げたものを壊したりするようなところもあります。継続して安定していることが、素晴らしいという感覚にならず、普通で当たり前と思ってしまうところがあります。教育者や研究者などの、アカデミックな方面の職種にも、この色を持つ人は少なくないようです。

緑色のオーラ。

緑色のオーラ。

オーラの緑は、平和を愛する、穏やかさをもつ人の色です。その人の雰囲気として、「癒し」を感じさせます。調和することの価値がよくわかっていて、どちらかといえば、冒険よりも安定を好む傾向があります。 やさしさゆえに、あまり強く自分の主張をしないことが多いでしょう。言いたいことがあっても、「調和を乱してまでは、言わなくてもいい」と

自分らしいのが一番いいという、オーラ的考察。

自分らしいのが一番いいという、オーラ的考察。

「自分らしく、自分にあっているのがいい」、というのは、言葉のとおりの事実です。 励ますための表向きのセリフではないし、気の持ちようとしてやる気を出すためという目的でもありません。実際に、自分に合っていることを選んだ場合の、自分が得られる効果は大きいからです。 ...

オーラの状態を、明るく輝いたものにするには。

オーラの状態を、明るく輝いたものにするには。

オーラの様子には、その人自身があらわれるものです。たとえば、オーラの様子に反映されている、大きさ、色、明るさなどに、その人が備えている本質的なことや、その時点での状態などがあらわれていき、その時々で明るくなったり逆になったり、輝きを増したり、減らしたりという「変化」がみ...