「 ヒーリング 」一覧

自分にあう「ヒーラー」や「治療家」を見つけるには。

自分にあう「ヒーラー」や「治療家」を見つけるには。

たとえば、整体やカイロプラクティックなどで、身体の調子を整えると、比例して心の状態も整う作用があります。身体と心は繋がっているので、間接的な効果がでるからです。 身体のためにも、心のためにも、専門家の手に掛かってケアをしてもらうことは有意義なものとなるでしょう。 ...

深い呼吸をして、根拠のない不安感から意識をそらす。

深い呼吸をして、根拠のない不安感から意識をそらす。

根拠のない不安感や、考えなくてもいいような重要ではない思考で頭がいっぱいになってしまうことがあります。余裕がなくなっているときには、そうなります。 自分がその状態にあると気づいたら、まずは「呼吸を、深くしっかり行う」ことを意識しましょう。 そして、不安感や考...

頭の近くの、滞ったエネルギーをリリースしていく。

頭の近くの、滞ったエネルギーをリリースしていく。

思考力が高い方は、不安感が大きくなると、ネガティブなエネルギーが思考に結びついて、雑念でいっぱいになってしまうものです。 どうでもいいこと、重要ではないことを、絶え間なく思考して頭を忙しくさせて、不安感に注目しないようにしようと、自然とそうなってしまうようです。 ...

オーラ全体の振動数を整えるヒーリング。

オーラ全体の振動数を整えるヒーリング。

私が、「ヒーリング」を行う場合は、まずは「その人の、全体のオーラのバランス」を把握して、低いところを引き上げる、滞っているところをリリースして、全体が同じくらいになるように、整えていきます。 エネルギーとしての振動数を揃えていく、というようなイメージですね。 ...

イメージを作っていく、瞑想法や呼吸法はヒーリングに役立ちます。

イメージを作っていく、瞑想法や呼吸法はヒーリングに役立ちます。

霊的な力を使って行う、スピリチュアルヒーリングは、ヒーラーの能動で働かせる力のみで行うものではなく、どちらかといえば、受け身的に起こる作用のほうがメインとなります。 スピリチュアルヒーリングとは、「霊界からの働きかけ、スピリットのエネルギーを使うことによってなされ...

スピリチュアル・ヒーラーには、オーラの知識は役立ちます。

スピリチュアル・ヒーラーには、オーラの知識は役立ちます。

スピリチュアル・ヒーラーを目指すならば、オーラについての「知識」を持っているほうがいいと思います。 ヒーリングとして働き掛けをする領域や対象が、「オーラ」そのものとは限りませんし、ヒーリングの方法や解釈によっても、必要性の度合いは変わるでしょうけれど、知らないより...

イメージの力をつかう、セルフヒーリング。

イメージの力をつかう、セルフヒーリング。

頭の中や、心の中で「思うこと」も、エネルギーとしての作用を持ちます。 たとえば、発言することや、行動することが、人やものごとに作用を与えることは理解しやすいですが、思い浮かべただけのことは、それらと同等には「作用」としての想定をしないことが多いものです。 思...

ヒーリングをうまく行うためには、「力み」は不要で自然体でいるほうがいい。

ヒーリングをうまく行うためには、「力み」は不要で自然体でいるほうがいい。

その人のオーラに働きかけるとか、もしくはその人へエネルギーを注ぐような、エネルギー・ヒーリングを行う際には、気持ちを楽にして、自然体でいるほうがスムーズなヒーリングが行われます。 「上手にやろう」とか、「エネルギーを動かしてやろう、流してやろう」という気持ちから、...

睡眠と呼吸は、セルフヒーリングの基本。

睡眠と呼吸は、セルフヒーリングの基本。

私は、「睡眠」と「呼吸」が、もっとも基本で簡易なセルフヒーリングだと思っています。 睡眠は、肉体的な疲れを取るためでもありますが、霊的にも意義が大きいです。呼吸も、生命を維持するために必要な動作であり、同時にスピリチュアル的にも、エネルギーをコントロールしたり、感...