「 前世 」一覧

前世での職業名のみでは、その学びのすべてを計ることはできない。

前世での職業名のみでは、その学びのすべてを計ることはできない。

自分の前世はどんな人生だったのだろう?と考えることがあるとしたら、おそらくは、「そのときに過ごしていた国名」か、または「職業名」がどのようなものだったかをイメージすることが多いものではないでしょうか。 前世では具体的にどのような経験をして過ごしたのかという点は、ど...

今回の人生での「過去の経験」は、役立つ情報の宝庫です。

今回の人生での「過去の経験」は、役立つ情報の宝庫です。

私が提供しているメニューの中で、前世についてお伝えする「前世リーディング」は、多くの方にご利用いただいている人気メニューです。 誰もが、何度もこの世に生まれてきて、状況や環境を変えバリエーションをつけ、さまざまな学びを重ねています。それぞれの人生には個別の学びがあ...

つきあいの浅い相手なのに、助けたい気持ちがわき上がるときには。

つきあいの浅い相手なのに、助けたい気持ちがわき上がるときには。

付き合いが浅くて、親しいというほどでもないのに、または、そういう立場でもないのに、「相手がうまくいくかが、とても心配で手伝いたくなる」とか、「なんとかして、相手の人生がうまく運ぶように、助言したくなる」という気持ちを抱くことがないでしょうか。 そういうときは、前世...

はじめて会ったのに、なぜか「懐かしい」のは前世の関係かもしれません。

はじめて会ったのに、なぜか「懐かしい」のは前世の関係かもしれません。

今世で関わりをもった相手とは、とても広い意味でいえば、前世でも関わっている可能性があります。 しかし、親しかったとは限りません。それこそ、存在を知っている程度、すれ違っただけというくらいの関係だったかもしれませんが、たくさんの前世での関係が、今回の人生の出会いをつ...

前世のどこかで、会っているかもしれません。

前世のどこかで、会っているかもしれません。

今回の人生で経験する人との関わりは、大部分が、多少なりとも前世や過去世といわれるたましいの経験の中で、関わりをもっているものです。 家族や恩師というような関わりの深い相手だけでなく、ほんの少しの関わりの相手も、まあまあ親しい友人も、広い意味でいえば、前世であったこ...

子どもの頃の容姿に、前世の名残が(その時期だけ)あらわれる場合がある。

子どもの頃の容姿に、前世の名残が(その時期だけ)あらわれる場合がある。

子どもの頃と、今の自分の姿が、「まったく別人のように容姿と雰囲気が違う」と感じる方は、子どもの頃の姿に、「前世の容姿の名残」が、幾らか被っていたためかもしれません。 小さい頃の容姿に、前世のそれが少しだけ残っている?ケースがあって、「成長とともにそれが抜けていき、...

前世も自分だけれど、しかし別の人生です。

前世も自分だけれど、しかし別の人生です。

今世の自分と、前世の自分は、たましいは同じだけれども「それぞれ別の人生」です。 たとえるならば、「同じ役者さんが主演の、別のドラマ」のようなものですね。好きな俳優さんが「時代劇の主役」と、「月曜9時の主役」に出演していることをイメージするとわかりやすいと思います。...

「前世」と「過去世」という言葉には、違いがあるのか?

「前世」と「過去世」という言葉には、違いがあるのか?

スピリチュアリズムの基本的なスタンスとして、人は「肉体という物質をともなっている、霊的な存在」であり、いろんな制限のある、この世という場所でのできごとを通して、たましいの成長のために学びを重ねている、という解釈があります。 肉体とは、この世での学びの時間を過ごすた...

今の時代と場所を、自分のたましいが「選んで」生まれている。

今の時代と場所を、自分のたましいが「選んで」生まれている。

たとえば、女性であることや、背が高いこと、外国で生まれたというような、「今回の人生における、さまざまな環境や条件」は、過去の人生(前世)で培った学びや経験をもとに、自分のたましいが「選んで」生まれてきています。 中でも、生まれた場所(国、地域)、性別、家族...

前世を知らなくても、今の自分を見つめれば、わかることは多々ある。

前世を知らなくても、今の自分を見つめれば、わかることは多々ある。

私たちは、何度も生まれ変わって、「たましいの経験」を、積み重ねています。そうした過去の人生のことを、前世といったり過去世といったりします。 前世での経験をふまえて、性質やカルマを引き継いで、さらなる学びをしているのが「今回の人生=今世」です。 学びの内容は、...

前世での関係性は、今世での関係を「保証」するものにはなりません。

前世での関係性は、今世での関係を「保証」するものにはなりません。

自分と、好意をもつ相手との間に、「前世で、何かの関係があった間柄であるか」を気にする方がとても多いです。 そういう興味を持つのが悪いとはいいませんし、気になる気持ちも、わからないではないですが、しかし前世の関係性が、そのまま今世にスライドするわけではないので、それ...