アイデアをいかすために、行動に結びつけていくという前提で

アイデアをいかすために、行動に結びつけていくという前提で

ひらめきに優れている人なら、アイデアはいくらでも出てくるものです。 スピリチュアルに関心がある人の大部分は、どちらかというとそういうタイプですね。 見えないもの、形のないものを受け入れられる感性が高い方が多いからです。 ただし、「ひらめきに優れているゆ...

「守護霊の総数」は、把握できません。「たくさん」いらっしゃいます。

「守護霊の総数」は、把握できません。「たくさん」いらっしゃいます。

「自分には、守護霊が何人くらいいるのですか?」と、セッションの中で、ときどき聞かれることがあるのですが、この質問には明確な答えがありません。 そのセッション中に、でてきている方が何人か、というのなら答えられます。 しかし、それは「その人の守護霊の総数」とはま...

違和感によって把握するセンスが高い人が、気をつけるとよいこと。

違和感によって把握するセンスが高い人が、気をつけるとよいこと。

私たち人間は、身体という物質を伴った「霊的な存在」であるので、すべての人に、広い意味での霊的な感性が備わっています。 その中で、ものごとを、感覚的に、または直感的に把握するセンスが高い人がいます。 把握の仕方は、それぞれ違い、その人が備えている性質との関連性...

前世での職業名のみでは、その学びのすべてを計ることはできない。

前世での職業名のみでは、その学びのすべてを計ることはできない。

自分の前世はどんな人生だったのだろう?と考えることがあるとしたら、おそらくは、「そのときに過ごしていた国名」か、または「職業名」がどのようなものだったかをイメージすることが多いものではないでしょうか。 前世では具体的にどのような経験をして過ごしたのかという点は、ど...

カメラが、自分に合うものを教えてくれることがあります。

カメラが、自分に合うものを教えてくれることがあります。

写真をとると、いわゆる心霊写真などというものが撮影されてしまう(笑)ことからわかるように、実は、カメラという道具は、スピリチュアルなエネルギーと馴染みやすい道具のひとつです。 その特性をいかして、写真のうつり具合(うつり方の良さ)によって、自分に合う事柄を判断する...

波長の法則は、自分の内的な理解のために、活用するのがいい。

波長の法則は、自分の内的な理解のために、活用するのがいい。

スピリチュアリズムの法則のひとつに、「波長の法則」と呼ばれるものがあります。 同じ要素をもつものが、お互いに引きあうしくみのことです。どう考えても、相手が悪くて、自分のせいではないと思えるようなことでも、広い意味でいえば、自分にも原因があったり、同じ要素を内包して...

自分には自分の「普通」があり、相手には相手の「普通」がある。

自分には自分の「普通」があり、相手には相手の「普通」がある。

人間関係というものは、「人」と「人」との「間」につくられるものです。 人間関係のトラブルが発生してしまうとしたら、それはお互いの「間」で起こることなのだから、お互いに原因を作っていることになります。 誰もが「自分のやっていることが一般的で普通」と思っているも...

霊的なエネルギーに触れると、唐突に眠くなることがある。

霊的なエネルギーに触れると、唐突に眠くなることがある。

眠るという行為は、スピリチュアルな意味をもちます。寝ている間は、身体も活動を最小限にして休まっていますが、同時に、たましいも、身体から抜けて、霊界のほうへ戻っているとされています。 つまり、起きている間は、現実的な意識が優先しており、眠っている間は、霊的な意識が優...

思う力が強いと、影響力が強くなり、ものごとを起こす力として作用する。

思う力が強いと、影響力が強くなり、ものごとを起こす力として作用する。

「思う力が強い人」がいます。これは、「思考が得意な人」とは違います。「思うときに放たれるエネルギーが、強い」ということです。念力が強い人、という言い方もできます。 外に放つ力が強いので、人やものごとに対して、働きかけを(能動的に)することが上手です。または、影響力...

自然霊が、指導霊的な役割に含まれている人に、よくみられる特徴。

自然霊が、指導霊的な役割に含まれている人に、よくみられる特徴。

この世で肉体をもったことがない霊を、大きなくくりで「自然霊」と呼びます。かつて人間だったという属性をもたないたましいがあるのです。 たとえば、龍とか天狗などもそうですね。各地の神社などでまつられている神様も、広い意味でいえば、超高級な自然霊と言えます。 私た...

本質は認め、受け入れる。状態は、よりよい変化をさせていく。

本質は認め、受け入れる。状態は、よりよい変化をさせていく。

自分自身や、自分の生き方に、努力や工夫をしてよりよいものにしていく姿勢は素晴らしいことです。 けれど、何でも変えられるわけではないという理解の上で、行うことが大切だと思います。ここを混ぜてしまうと、無理なことを頑張ろうとして、必要なことへの努力を軽んじてしまうこと...

直感や、体感覚を伸ばすには、不要なノイズとなるものを除く。

直感や、体感覚を伸ばすには、不要なノイズとなるものを除く。

たとえば、オーラなどのスピリチュアルなエネルギーを、体感として感じるようになりたいとか、ひらめきやアイデア、直感がもっと冴えるようにしたいという場合、取り組みの方法として、まず意識すべきところは、「不要なものを省くこと」です。そうしてスッキリさせることは、余計なノイズを...